2014年02月13日

『華麗なるギャツビー』に観る1920年代アメリカ

この映画はF・スコット・フィッツジェラルドが書いた小説The Great Gatsbyを基にフランシス・F・コッポラが映画化し1974年に公開され、2013年に再びバズ・ラーマンによってレオナルド・ディカプリオ主演で再映画化されました。原作はアメリカの高校もしくは大学で必ず読まされる、アメリカ文学の代表作として知られるものです。

映画の舞台は第1次世界大戦後のアメリカ東部(ニューヨーク)です。言い換えれば大戦で痛手を受けたヨーロッパの大国に替わり、大戦で利益を上げたアメリカが実質的に世界のNO.1へと、のし上がろうとしている時代。ですが、まだNO.1ではないため、イギリスで洗練されたギャツビーに対してライバルのトムが劣等感をあらわにするシーンなどは、とても興味深いものです。

そしてフォード社が大量生産に成功し車が一般大衆にも手の届く物になった時代でもありました。超高級車を運転してホテルに向かうギャツビーとトムの車以外、周りは全部同じ黒のフォード車が走っているシーンもこの時代のアメリカを象徴しています。

さらにこの時代の法律と言えば禁酒法です。表立って飲酒できないため、ホテルでは氷だけを頼み、自宅から隠して持ち込んだワインを飲むシーンもこの時代をよく表していると思います。

この映画では上流階級の生活だけでなく、下層階級の人々や社会的・経済的にまだ自立できない女性の姿も描かれています。国が豊かになっていく中で、まったく貧困から抜け出せない労働者、男性に頼るしか術のない女性たちなど、社会的弱者の悲しみや絶望を観ることができ、いろいろ考えさせられる映画です。
posted by seig-eca at 18:02| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

New Orleans(2)

ニューオリンズ(New Orleansの旧市街「フレンチ・クオーター」(French Quarter)の中でも最も賑やかな「バーボン・ストリート」は、毎日午後4時以降は歩行者天国となり、多くの人々がバーやレストラン、ジャズ・クラブなどで夜を楽しみます。ルイ14世がブルボン家出身であったことから「ブルボン通り」(フランス語: Rue Bourbon)と名付けられ、後に「バーボン・ストリート」(Bourbon Streetとなりました。

ニューオリンズはジャズ発祥の地としても有名で、ジャズが好きな人ならぜひ一度は訪れてみたい場所です。ニューオリンズ・ジャズを守ってゆく目的で建てられた「プリザベーション・ホール」(Preservation Hallでは手頃な値段でジャズを楽しめます。街には数多くのジャズ・クラブがあり、毎晩ジャズの音色が街のあちこちから聞こえてきます。

ジャズの発祥は、奴隷として連れて来られたアフリカの人々が、日曜日にニューオリンズのコンゴ広場でアフリカの音楽や踊りを楽しんでいたことに遡るといわれています。“What a wonderful world”などでよく知られるルイ・アームストロング(Louis Armstrong)は、フレンチ・クオーターの西側の黒人街で生まれ育ったミュージシャンです。
ラベル:アメリカ 歴史
posted by seig-eca at 10:02| アメリカの街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

英語でbaseball!! (打者編)ボキャブラリーを増やそう! 3

前回のブログでは、通じそうで通じない野球用語に使われている和製英語について取り上げました。とても好評で、テレビ・ラジオの中継等でよく耳にする他の用語を英語では何と言うかもっと知りたいとのリクエストがありましたので、今回は打者編として、日本語でよく使われている野球表現を英語では何と言うか、もう少し詳しくご紹介したいと思います。

よく野球中継を見たり聞いたりしていると、解説者が「打率3割超えのチャンスに強い打者」などとよく言います。打率は“batting average”ですが、さてこの「3割越え」やら「強打者」を英語では何と言うのでしょうか? 例えば打率が2割8分 ( .280)であれば、“two hundred eighty”と英語では言います。打率が3割2分5厘 ( .325)の打者なら、“His batting average is three hundred twenty five.”とテレビの解説者などはよく言います。「打率3割超え」を英語では、“His batting average is over three hundred.”と言います。

では「チャンスに強い打者」とは何と言うでしょうか?日本語ではよくチャンスに強い中軸打者のことを「クリーンアップ」と言いますが、英語でも“clean up”という表現は確かにあります。ただし英語では4番打者のことだけを言い、他の打順の打者には使いません。英語では「チャンスに強い打者」を“clutch hitter”と言います。車のパーツにあるクラッチと同じ表現を使います。もともと“clutch”には「ぐいと掴む」という動詞の意味がありますが、「最大の山場」、「重大なる局面」という名詞の意味もあります。そこでチャンスに強い打者のことを、“He is a good clutch hitter.”と英語では言います。

ちなみに「ホームラン」は英語でも“homerun”です。「打点」は“RBI”と表記し、「アール・ビィー・アイ」と読みます。正しくは“Run batted in”ですが、これだと少し長いので“RBI”となります。
posted by seig-eca at 18:10| Vocabularyを増やそう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。