2014年03月14日

英語でbaseball!! (投手編) ボキャブラリーを増やそう! 4

前回は打者編でしたので、今回は投手編として、日本語でよく使われる野球表現を英語では何と言うかご紹介したいと思います。もちろん「ピッチャー」は英語でも“pitcher”と呼ばれています。

野球中継を見ていると、主戦投手のことを「チームのエース」とよく言います。では、英語でも同じように呼ぶのでしょうか? 答えは“yes”です。英語でもやはり“Ace”といいます。もともとは1869年にシンシナティ・レッドスキンズで活躍したAsahel Brainard投手に由来します。彼はこの年、大車輪の活躍をしました。よって彼のニックネームである“Asa”からもじり、彼のような主戦投手のことを“Ace”と呼ぶようになりました。

投手の勝利数のことを英語では“Wins”と表記し、敗戦数のことは“Losses”と表記します。もうひとつ重要な用語に、投手が1試合で平均何点取られるかを表す「防御率」というもの語があります。これを英語では“ERA”と表記し、「イー・アール・エー」と読みます。正しくは“Earned Run Average”と言いますが、長いので“ERA”となります。

良い投手かどうかを決める際に、日本では勝利数と防御率を見て決めますが、最近のアメリカ野球では“WHIP”というデータを見ます。これは“Walks plus Hits per Inning Pitched”の略で、投手が投げたインニング数にどれくらい四死球とヒットを与えたかを表したものです。これが0点台だと素晴らしい投手の証明となります。

ちなみに回数は“inning”ですが、「1回の表」や「9回の裏」は英語では何と言うでしょうか?「1回の表」は“top of the first inning”と言い、「九回の裏」は“bottom of the ninth inning”と言います。
posted by seig-eca at 09:49| Vocabularyを増やそう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。