2013年03月25日

MISS POTTER

今回のお勧め映画は『ミス・ポター』です。この名前でピンと来る人はあまり多くないと思いますが、実はこの人物、誰もが知るあのピーターラビットの絵本を描いた人なのです。名前はビアトリクス・ポター(Beatrix Potter, 1866-1943)といい、イギリスの裕福な家庭に生まれました。

彼女が生まれ育った頃、イギリスは産業革命の最中で世の中がどんどん変わっていく時代でした。しかし、女性のあり方や、社会的地位に対する保守的な考えや偏見など、なかなか変わらないものも多く、彼女はそんな時代の中、さまざまな困難に立ち向かい自分の理想を強い気持ちで追い求めます。

この映画を観ると、自分の意志を貫く主人公の強さに勇気づけられます。そして、同時に産業革命で世界のリーダーとなったイギリスですが、労働者や女性にとっては必ずしも生きやすい時代ではなかったということから、今の時代に生きている私たちがどれほど恵まれているのかということを再認識させてくれます。さらにポターのように困難に負けずに戦った女性たちがいたからこそ、女性の地位も向上したのだと思います。

イギリスに興味のある人、ピーターラビット好きの人、そして特に女性には観てほしい映画です。
posted by seig-eca at 15:42| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。